老域人閑居してブログを為す

  • 2020.02.24 Monday
  • 23:56


題名「浮遊華、宙に」F20号 日本画
一昨日、絵は完成。

草が延びるのは早いです。
除草剤に頼るばかりです
昨日は、強風で、散布作業できませんでしたが、
今日は、穏やかな、そして暖かな日で
まさに、除草剤散布に最適な日でした
サンフーロン(農耕地OK)を、
60倍〜70倍希釈で、
10リットルを10回背負い、
やり終えて、
果たして、効果はどうだろうか。
十日くらい経過しないと、
効果は現れてこない。
 

老域人閑居してブログを為す

  • 2020.02.23 Sunday
  • 16:50


 バラの写生、2/23

ポイント付与について考える、
何か変ではないだろうか。

クレジットカード決済は、
口座からの支払いとなるが
一ケ月単位で、
締め日と、口座引き落とし日が設定されている。

お店で、買い物をして、
カードやURL又は、バーコードなどで
支払いをすると、
支払額に0.5%(0.005)を、乗じた数値のポイントが付与される。
キャンペーン期間中は、
クレジット運用会社(ポイント付与実施者?)が、
キャンペーン期間中の
総合計付与数値の上限ポイント数値を決めて、
ポイント付与乗率は、20パーセントになったりする。

例えば、通常は、
クレカで10,000円の支払いをすると、
50ポイント付与されて、50円相当額が値引きされた事と同じになる
キャンペーン期間中だと、
550円の買い物で、110ポイント付与があり、実質、110円の値引きとなる。

同じクレジットカード支払での支払いなのに
通常は10,000円で、50円の還元
キャンペーン期間中は、ポイント付与総合計数値上限の設定はあるものの、
550円で110円の戻りがある。


おかしくないだろうか、
クレジットカード保持者を
愚弄していると思うのは、
私だけだろうか。


バラの写生 色鉛筆 2/23

ポイントは、金利とは違うものだろうが、
金利と似ているように見えます。

ポイント付与数値の煩雑さは、
いざ、pay payを使ってみて、実感しましたが、
2ヶ月で消えるポイントから
24ヶ月有効のポイントと、
ポイントの有効期限は、各種あって、
国の事業のポイント付与、
クレジットカード運用会社のポイント付与、
ネットショッピングモールのポイント付与
キャンペーン期間中のポイント付与
数えあげると、ポイントの種別が沢山あります。
「ポイント付与」とは、

誰が(どこの機関が)、

どのような基準の元に(付与率の算出)

期間を定める主体はどこ(キャンペーン期間は、何を基に決定される)なのでしょう
そういう疑問が消えません。


「クレジットカードには、ポイントが付くから、
ポイントで景品交換できるんだよ」と、以前、娘から聞いた事があり、
その時は、
「クレジットカードなんて、
借金の始まりだから、使わない方がいいよ!」
と、そんな話しをした事がありました
子育て中の娘は、私と同じく、
何か景品が付くことに弱いようです。^_^

息子に言わせると、
「国は、5%、2%ポイント還元」と、クレジットカード作成を奨励して、
国民を借金漬けに、追い立てようとしてるだけだろうと、言ってましたが、
息子は、小売店販売員で、
現場は、やたらと煩雑になり、
社員には、仕事が増えただけだとか。

ポイント付与率と、
リボ払いによる、利息との格差が、
大きすぎませんか。
このまま、
クレジットカード運用会社
(メガバンクや、大型ネットショッピングモールや、
そこと紐ずく通信大手企業など)の主導で、
各種キャンペーンを繰り広げ、
クレジットカード作成バブルが
収束した後は、

釣った魚に餌はやらないのごとく、
キャンペーンなど一切なくなり、
ポイント付与率も
通常でも0.5%以下となり、
リボ払いの利息だけが、
利息制限法の上限いっぱいの
15%という事になるとしたら、
そういう事にならないとも限らないと思います。

カード規約には、
約款の最後の方には、
大抵、「この規約は、予告なく変更となる場合があります」といった趣旨の
文言が、付いていますから。


ポイント付与率が0.5%で、
リボ払いの利息が、15%では
カード運用会社は、ボロ儲けではないでしょうか。
それで、良いのでしょうか?!

 

老域人閑居してブログを為す

  • 2020.02.18 Tuesday
  • 23:33


制作途中
2020/2/18

老域人閑居してブログを為す

  • 2020.02.18 Tuesday
  • 05:54


題名「浮遊華、宙に」F20号
制作途中

私は、説明図を描きたいわけではない。
被写体を、私なりに理解した上で、
心情がとらえた映像を、
表現したいわけです。

概ね、大概の人は、
文を書くにしても、絵を画くにしても、
その人自身は、心の中で、
「何のために、そうするのか?」と、
自問自答を繰り返していると思います。

詰まるところ、表現したいと思う人は、
「自己肯定」の衝動を抑えられないがために、
書く、描く、作る、創作するを、
試みているように思うのです。

「自己肯定」は、独善でもあり、
ナルシストでもあります。
しかし、創作の根底に
自分の心情を「肯定的」に、
表現を試みなければ、
「ある形」には、なってこないような気がします。
「自己肯定」の結果を、表現し
それを、晒すことで、
ナルシスト(自己陶酔)の落とし穴から
這い出す事もできるわけです。

老域人閑居してブログを為す

  • 2020.02.17 Monday
  • 00:30


不規則な繰り返しの下書の
鉛筆画



題名「浮遊華、宙に」F20号
制作途中

老域人閑居してブログを為す

  • 2020.02.14 Friday
  • 07:34




花開く蕗の薹

雑草との戦い?がまもなく始まる

テレビのニュースで、
国会の映像が流れているのを見ましたが、
あれでは、「マイキー構想」など
何処の国の話かと思いました。
電子決済は、紙資源の消耗に
歯止めをかける効果大だと思い
マイナンバーカードの有効活用を
期待していますが、
あんな国会を見ると、
一体、何を「審議」しているのかと
ガッカリですね。

予算案が可決されなければ、
マイキーも無し、マイナポイントも無し、自治体ポイントも無し
マイナンバー活用の拡大も無しです。
マイナンバーカード導入に、
兆単位の国家予算は既に消費されているとか、
議員は、マイナンバー活用の拡大を審議する気持ちがあるのでしょうか。

「ポイント付与」という
新しい構想を、
公共の利益に貢献させるように、
マイナンバー活用拡大を、
審議してもらいたいものですね。



暦が進むのは早いです。
咲き遅れたサザンカ

老域人閑居してブログを為す

  • 2020.02.12 Wednesday
  • 00:20


数日前に摘んだ蕗の薹
眺めてばかりでは萎びてしまう
蕗味噌で、酒の肴。


先ずは、洗って、蕾を開き


グラグラ沸いている熱湯へ




蕾は20個あり、量も多かったので
今回は、1分半茹でる事に。

今回は、芯の部分は切り取って
捨てる事にしてみました。
芯も十分食用になりますが
試しに、芯は取り除いてみました。


鍋に、味噌、砂糖少々、
みりんとお酒を適当に入れて、煮立て
そこへ、刻んだ蕗の薹を入れ
簡単に煮からめて、出来上がりです。

今夜は、お酒が進みそうです
お給料日ですから。

老域人閑居してブログを為す

  • 2020.02.07 Friday
  • 21:16



デンドロビューム F10号
題名 不規則な繰り返し
本日、完成

老域人閑居してブログを為す

  • 2020.02.06 Thursday
  • 21:23


デンドロビューム
F10号
絵の題名 不規則な繰り返し

絵の趣旨 光には偏光があると思う
偏り、光は遍く平等に全ての対象物へ
降り注ぐのではなく、
光には、偏りがあると思う。

光の偏りとは何か?
それは、言葉から発するイメージしかない
私には、説明できないが、
光には、密と粗があるような気がする。

老域人閑居してブログを為す

  • 2020.02.06 Thursday
  • 09:50




2018年1月に、竹藪から採取した巣
2年前のスケッチ
2年前採取した巣は、
冬の巣には蜂はいない、筈でしたが
蜂も変わり者はいるようです。
2匹。

女王蜂は、巣の中で越冬せずに、朽ちた木の間や土中で越冬するようです。
ハチへ、感謝と謝罪も含めて、写生。
蜂のオスは越冬できずに、全滅するのだそうですが、
常識通りには、いかない個体もあるようです。

そんな事より、二年前の今頃は、
家周囲の雑木の伐採に、シャカリキになっていた事を思い出しました。

今年は、バッテリー式太丸君(ニシガキノの枝切り鋏)を
ネットで購入したものの、
1、商品が安価(農協で配布のチラシ掲載の価格より約20%off)で買えた事
2、代金に付与されたポイントが
pay payに入った事、
そんな事を、嬉しいと思っただけで
雑木の伐採をしよう!
という元気が失せています
先立つものは
何はなくても、
「気力」があれば、その先へ行けるように思うのですが
「気力」が失せてぼんやりです。

多分、
ポイント付与は、何故
いかにして、生じる事が可能なのかと、スッキリせず
「電子決済」などという
新たな、日常生活ツールを
どのように受け入れていけばいいのかと
早すぎる世の中の、革新に
げんなりです。

自然界の営みを放置すれば、
雑木は、野放図に生き生きと、
枝を伸ばすばかり。

いたずらに眺めせしまに、雑木はひたすらに空へ伸び 

竹藪の繁茂 累々いたずらに 我が敷地に根張り 眺めせしまに

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM